タクシー業界に就職するなら会社選びが重要【給与体系を把握】

タクシー運転士になるには

男性

収入は働き方次第

バブル全盛期にタクシー運転士になる人は多く、収入も高かった過去があります。バブル崩壊を受けてリストラや企業倒産が増えたため、タクシー運転手への転職が多く、タクシー求人に対して転職者の数が上回り、需要が供給を超えてしまって、タクシー運転手の収入にも影響してしまいました。バブル崩壊から20年間程度、タクシー業界は低迷期に入りました。タクシー運転手の収入は平均的な労働収入に比べると低く、タクシー求人に対して希望者が少ない状況に変化してきました。大手企業の業績が好調ではありながら中小零細企業を取り巻く状況は厳しく、人員整理を進める企業も少なくはありません。30代以降、特殊な資格を持たない人の転職が難しいと言われており、営業職で長年働いてきたサラリーマンが人員整理に該当すると再就職が困難で、タクシー求人に目が向くとも言われています。タクシー業界は依然として運転士不足で、運転士の高齢化による事故等のトラブルも深刻な問題として業界が抱えています。60歳までの比較的若い世代のタクシー求人に力を入れる企業が多く見られます。タクシー運転士は取り組み方次第で収入が期待できます。最近では、これまでに客が多かったエリアをAI(人工知能)でタイムリーに予測して集客を狙うシステムをナビと連動させて導入しているタクシー会社もあり、今後このような会社が増えてくるでしょう。都市部が営業エリアのタクシー会社の人気が高いようです。

Copyright© 2018 タクシー業界に就職するなら会社選びが重要【給与体系を把握】 All Rights Reserved.